【滑雪裝備篇】第一次滑雪,不知道需要帶什麼嗎?教你該怎麼準備!

【装備】初めてのスキー、何を持って行けばいいのか分からない?準備方法を教えます!

初めてのスキー旅行を計画していますか?スキー用具の準備方法がわからないですか?アオ・ドゥランに作り方を教えてもらいましょう!

▌スキーをするときに何を準備すればいいですか?

まずは、スキーをするために何を準備する必要があるのか​​、レンタルできる道具と自分で準備する必要のある道具を理解する必要があります。スキーに必要な用具は、内から外に向かって大きく次の5つに分類されます。

  1. 下着- スノーソックス、インナーパンツ、吸汗性ボトムレイヤー
  2. 防寒着- スキーグローブ、中間防寒着、スカーフ、ウールの帽子
  3. 安全装備- スノーゴーグル、ヘルメット、落下防止パンツ、関節保護具
  4. スノースーツ- スノージャケット、スノーパンツ
  5. スキーパッケージ- スキー板、スノーシュー、ポール(スキー板のみ)

    このうち、スキーセット防寒着セットは用具レンタル店でレンタル可能で、安全用品やレンタル店でもほとんどのアイテムが徐々にレンタルされ始めているので、基本的には自分で用意するものは肌着防寒着と一部だけあれば大丈夫です。レンタルショップには安全装備のレンタルがありません〜

    親密な服装

    スキーは実際に汗をかきやすいスポーツなので、特に初心者の場合、肌に直接触れる下層の衣服は、汗をすぐに発散できる軽くて薄いもの、スノーソックスの丈は長めのものを選択してください。ふくらはぎの一番太い部分よりも広いので、登山用具をお持ちの方は専用のスキーソックスを購入することをお勧めします。

    暖かい服

    スキーでは雪に触れる機会が多いため、スキーグローブは必須ですが、中間着やマフラー、毛糸の帽子などの防寒着も必要です。十分な温度と個人の耐寒性が異なるため、緊急時に備えてそれぞれ1つずつ持参することをお勧めします

    安全装置

    スキーをするときは、安全上の理由から、ヘルメットスノーゴーグルが必要です。ジョイントプロテクターについては、数回滑った後、最初に自分の経験に基づいて調整することをお勧めします。行きたいスキー場にレンタル用品店はありますか?

    最後に、肌に触れるスノーゴーグルやプロテクターなど、衛生面に配慮がある方は、準備しておいたほうがいいですよ〜

    ▌具体的にはどうやって着るのですか?

    準備するものが分かったところで、どうやって着るのがベストなのでしょうか?

    【着用】オニオンスタイルの着用方法

    最下層: スポーツブラ/機能性衣類/吸湿発散性シャツ/ジッパーのないスポーツパンツ (タイツやジーンズは不可)
    中間層:綿T(セーターや暖房服は不可)
    アウター:防水・防風・保温性のあるスノージャケット・スノーパンツ(レンタルあり)
    その他:毛皮帽子、マスク、首囲、手袋(内側・外側)、スノーソックス(膝下)

    【シューズ】ハイカット、滑り止め、防水

    スキー用のスノーシューだけでなく、スキー以外のときも靴選びは慎重に!
    一般的なロード ウォーキング シューズの推奨事項: 暖かく、防水性があり、滑りにくく、ハイカットで、グリップ力が高いもの。一部のスキー レンタル ショップでは、必要に応じてスノー ブーツのレンタルも行っています


    【防具】身を守る

    強くお勧めします: 安全ヘルメット (通常はレンタル可能)
    目の保護:スノーゴーグル(紫外線防止に加え、顔を保護する機能もあります)
    スノーボードのおすすめ:転倒防止パンツ、リストガード、膝当て(スキー板) 推奨:リストガード その他:転倒防止服、肘当て

    【他の】

    推奨持ち物:携帯電話、予備のマスク、日焼け止め、リップクリーム、少量の現金(スキーチケット、昼食、飲み物)、スキーチケットホルダー(または一般IDベルト)

    ※スノースポーツをする際は、大きなバッグや小さなバッグ、大き目の携帯ストラップなどを身に着けないでください。

    ブログに戻る