【滑雪名詞篇】雪票、纜車票傻傻分不清楚?常見滑雪名詞大解析!

【スキー用語分析】スキーチケットとケーブルカーチケットの違いが分かりませんか?それを説明しましょう

「チケットはすでに購入していますが、ケーブルカーのチケットも購入する必要がありますか?」 』
「板付きのものを選びたいのですが、あれは何というのでしょうか?」 』
「このグループは、スキー・イン・スキー・アウトだと書いています。これはどういう意味ですか?」 』

スキーという言葉を初めて聞いたことがありますか?前のコーチの名前を忘れましたか?一気に解説していきましょう!

装置

  • ダブルボード /スキー: 最も古典的なスキースポーツは、インラインスケートやスケートなどのスポーツと同じように、左右の足ごとにボードがあり、両足が独立して前に進むことができるので、比較的楽に滑ることができます。始めましょう。
  • ベニヤ/スノーボード スケートボードやサーフィンなどのボードスポーツと同じように、両足をボードの上に立って横に動かしますが、両足が同じボードに固定されているため、最初はバランスを取るのが比較的難しいです。
  • バインディング:ダブルボードとシングルボードにあり、スノーシューをボードに固定する器具です。
  • スキーポール/ポール: 通常、スキーで使用され、スキーのリズムと重心を確立するのに役立ちます。
  • スノーゴーグル/ゴーグル: 紫外線や風雪によるダメージからメガネを保護するスキー用の特別なゴーグル。通常、低温に適した防曇システムが付いています。
  • スノースカート: 通常ジャケットの裾やパンツの内側に雪がスノースーツに侵入するのを防ぎます。
  • フットロープ: スキー板を外すときにスキー板が滑り落ちないようにスキー板とスノーシューを接続するために使用されます。通常、初心者やクロスカントリースキーヤーが使用します。

スノーリゾート

  • スノーチケット/ケーブルカーチケット:スノーチケットとケーブルカーチケットは実際には同じもので、どちらもケーブルカーの利用券を指します。スキー場はテーマパークとは異なり、入場券を購入する必要はありません。ケーブルカーのチケットは通常、1 日券、回数券、複数日券のいくつかの種類に分かれており、ニーズに応じて適切な種類のチケットを購入できます。
  • ケーブルカー - チェアリフト / ゴンドラ: スキー場でスキーをする場合は、ケーブルカーに乗って山を登る必要があります。ケーブルカーは通常 2 つのタイプに分けられ、1 つはボックス型ケーブルです。車 - ゴンドラ、これは猫空と日月潭にある一種のケーブルカーで、もう 1 つスキーに行くときに必ず乗ることができるリフトです。  以下に示すように

  • 雪の斜面レベル - 緑ライン/赤ライン/青ライン/黒ライン/ダブルブラックライン: 雪道の難易度を指し、日本では→黒→ダブル黒の順となります。一般的なスキー場には次のようなものがあります。 3色:、黒。
  • スキーインスキーアウト:宿泊施設がスキー場のすぐ隣にあり、宿泊施設を出るとすぐにスキー場になり、スキーインとスキーアウトができることを意味します。
  • ナイター・ナイタースキー:日没後にナイター営業を行うスキー場がほとんどですが、チケット1枚で夜まで滑れるスキー場もあります。
  • シーズンパス:スノーシーズン全期間利用できるリフト券です。

タキシング

  • ヒールサイド:かかと側のスチールエッジを指します。このスチールエッジは滑走時に使用されます。つまり、このときは下向きになります。
  • トゥサイドトゥ側のスチールエッジを指し、このスチールエッジは滑走時に使用され、この時に山の頂上を向くことになります。
  • ウェッジ/ウェッジ:2枚のボードの前端を合わせ、後端を離してスピードをコントロールするダブルボードのスケート方法。
ブログに戻る